2017年03月19日

『武州通信』第238号

 2月16日、炉心溶融(メルトダウン)した東京電力福島第一原発の2号機の格納容器内にロボット(通称「サソリ」)が投入された。しかし、サソリは毎時210シーベルトを計測しつつ、もたもたと2メートルほど進んで駆動部に堆積物が入り込み 動けなくなった。毎時210シーベルト? これでは、当然(10シーベルトで致死量だとかで)人間は入れないし、ロボットは故障するし…。な、なんと先が見えないことか。

《原発ゼロ社会への道》の巻 

 東日本大震災、福島第一原発事故から早くも6年が経ちました。しかし、現在でも原子炉の内部がどんな状態になっているのか分からない。それにもかかわらず「原子力規制委員会」の“新規制基準”の下に原発の再稼動の動きが活発になっています。“新規制基準?” 本当にこれで過酷事故を防げるんだろうか。福島の原発事故が何も検証されていないのに…。こんな思いが錯綜する中、3月4日(土)の『オアシス武州』は滝谷紘一さんに「原発ゼロ社会への道」と題してお話していただきました。

 滝谷さんは、長年、川崎重工業の原子力部門に勤務され、その後、国の「原子力安全委員会事務局」で規制業務に携わってこられた原子力関係の専門家です。ところが、2011年に発生した福島原発事故に衝撃を受け、今では「原発ゼロ社会」を目指す市民活動の「原子力市民委員会」に参加し、原発廃棄への道を模索しています。福島原発の事故は、果たして専門家である滝谷さんの目にどのように映り、滝谷さんをどのように豹変させたのでしょうか。

 事故が発生した当初は滝谷さんも正常性バイアス(きっと何とかなるだろう)という心的機制が働いていたと言います。しかし深刻さが増していくにつれ、これは専門家でも対応できない “だだならない事態” が起こっているのでは?と疑問が膨らみ、その後、政府の “新規制基準” の検討に力を注ぐようになったようです。その具体的な内容は、雑誌『科学』や『エコノミスト』などに掲載され、新規制基準のいかがわしさを証明しています。当日も参加者の質問に答える形で、専門家といえども事故が起こるまで分からなかった幾つかの事例を挙げ、一つ一つ丁寧に説明して下さいました。それは我々素人にも分かり易く、滝谷さんの明晰かつ実直な説明に参加者一同、ますます確信が深まっていったようです(紙幅の関係で具体的な内容を書けないのが残念ですが)。こうして、当日は「安い、クリーン、安全」という旧来の “原子力神話” が次々と崩れ去った時間でもありました。そして、故事(「易経」革卦)に言う「君子は豹変す」とは滝谷さんのような誠実な人を言うのだろう、と改めて…。きっとそういう方だからこそ言葉に重みがあるのでしょう。
 お話の最後に、滝谷さんは次のように提言されています。
 
 ★電力エネルギーのあり方
@原発をゼロとして放射能災害の再発を防ぐ
   福島原発事故後、原発稼働ゼロでの電力需給が全国的に定着。
A総需要量を低減する
   産業分野と家庭での節電対策をさらに進める。
B地球温暖化対策を強める   
   再生可能エネルギー発電を増やし、化石燃料発電を減らす。

 おそらくこれがあるべき「電力エネルギーのあり方」なのでしょう。それにしても、なぜこのような提言が実現できないのでしょう。参加者からは「きっと原子力ムラの利益が関与しているに違いない」と。滝谷さんも「背後に何かがあって再稼動ができるように新規制基準を策定しているからだろう」と予測します。また「原発がある限り、国民に負担を強いることで彼らの利益に確実に繋がっているのではないか」とも。何はともあれ、原発は専門家にも捉え難く、人間には始末できないとんでもない代物であることは間違いありません。だからこそ、滝谷さんのような誠実な専門家の意見はますます重要であり、「原発ゼロ」を訴える活動を広めることが大切なのは疑いありません。

 ところで、「まず、再稼動ありき」という政府の政策に対しては、“原発問題そのもの” を取り出して反対し続けるだけではおそらく活路は見いだせないような気が(僕には)します。滝谷さんのお話からボンヤリと浮かび上がってくるのは、“原発問題そのもの” を超えた、より巨大で深い闇を抱えた “戦後日本” その奇怪な姿なのかもしれませんね。            

(斉藤 悦雄)

【インフォーメーション】
4月29日『武州大学』 7:00pm〜
    テーマ :「日本」をめぐる思想史。part 2    
    レポート:斎藤公太さん
posted by 武州ゼミナール at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

『武州通信』第237号

 光り輝く新年といきたいのですが、なかなかそうは問屋が卸さないようで…。今年の世界はそして日本も、どうやら波乱含みの模様です。
 アメリカ新大統領 1月20日(日本時間21日)就任。トランプの「大富豪(大貧民)ゲーム」が始まる。

《データベース》の巻 

 “歴史の断層”という言葉がしばしば聞かれる。今年が本当にその断層の年になるのかどうかは分からない。
  「四角い小さな魔法のおもちゃ箱(スマートフォン=スマホ)」、これは確かに時代の最先端を走っている。何と言っても「パソコン機能付き携帯電話」なのだから…。最近では人工知能(AI)の活用も。

 先日も高校生の授業でスマホをいじっている生徒に「メールなんかやっていないで…」と軽く注意すると、「今、スマホで調べていたんだけど」と一蹴される。「ふーん、そうなんだ」。こんな授業風景は旧式の携帯電話の頃には考えられなかったことである。今では電話とメールだけの従来型の携帯電話はガラケー(ガラパゴス携帯電話)という惨めな愛称?で呼ばれている。確かにスマホはすごい。何でも即座に調べることができる。英語・数学・理科・社会、何でもござれ。もちろん電話もメールも、それに買い物だって。生徒同士の会話の中には、チャットだツイッターだラインだ、そしてフェイスブックだSNSだ、と僕には縁遠い理解困難な言葉が混じる。

 このようにスマホによって日常生活が便利になった。勉強の補助にするには役に立つ。いやそれだけじゃない。あらゆる分野の情報を一瞬のうちに何時でも何処でも手に入れることができる。つい最近までは考えられなかった何とも不思議な「魔法の箱」である。電車の中でもみんなスマホ片手に…。今では71%の人が保有しているらしい。しかしそこには、怪しい情報も、嘘や誹謗中傷も、すべてがフラットに混在しているように見える。

 ふと何十年も前に語られ、今ではあまり耳にしなくなった言葉が甦る。それは、シミュレーション(“オリジナル=現実”の模倣)とシミュラークル(オリジナルなき模倣)。当時はどういう状況を指しているのかまったく分からなかった。もっとも今でもよく分からないのだが、何となく現在の過剰な情報社会をうまく言い当てているような気がするのである。
 
 シミュレーションがオリジナルの模倣だとすれば、シミュラークルはシミュレーションのシミュレーション(模倣の模倣、またその模倣、のまた模倣…)の氾濫とでも言っていいのかもしれない(知識や情報というものは、度合いこそ違っていても、もともとそんなものだったのかもしれないが)。シミュレーションのシミュレーション、つまりシミュラークルが果てしなく織り成しており、それでいて不思議にもどこか類似した部分を保持している。スマホ主流の現在はそんな朧げな時代なのかもしれない。もちろん、それだけに怪しい情報がもっともらしい顔をして自己主張することもできるのだが…。我々はそうしたフラットな情報の海から、自分にとって心地よいものだけを取り出してブリコラージュ(間に合わせ細工)して判断基準にしているのだろう。すべてがデータベースに繰り込まれ、何が正しく、何が正しくないのか、が分からない。いや、正しいということすらどういうことか判然としなくなる。だって、また別の意見も堂々と正しさを主張しているのだから。寄せ集められた情報の断片だけがデータベースの海のなかに漂っている。どれを選択したらいい? あなたの思いのままにどうぞ。それが困ったことなのかどうかも僕には分からない。日常生活は日々何事もなかったかのように円滑に?進んでいるのだから。

 今ではまるで眼鏡のように身体の一部になっているスマホ。なかなか距離の取り方が難しそうである。民主主義の質は国民の民度(一人ひとりが空気に流されず熟慮を重ねることができるかどうか)によって決まると言う。熟慮、これが今ではなかなか難しいのだ。多くの情報が押しかけてきて、じっくり考えている余裕がない。確かに昔だって情報の処理や判断は難しかった。けれど、それでも判断基準は比較的探し易く、それゆえ考える余裕もあったような気がしてくるのである。今では世界で起こっているあらゆる出来事が膨大なデータベースに瞬時に取り込まれ、僕達は情報の渦のなかでふらふらと彷徨っているように見える。何が事実で何が本当か、これがますます分かりにくくなっている。 その結果、事実や本当は、“あなたの気分”のままに…。 ― これを“歴史の断層”と言うのだろうか?

(斉藤 悦雄)

【インフォーメーション】
2月18日『武州大学』 7:00pm〜
     テーマ :『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』を考える。part 7    
    レポート:斉藤悦雄
3月4日『オアシス武州』6:00pm〜
    テーマ :『原発ゼロ社会への道』
    お話  :滝谷紘一さん
3月18日『武州大学』 7:00pm〜
    テーマ :「日本」をめぐる思想史。part 1    
    レポート:斎藤公太さん



posted by 武州ゼミナール at 11:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

『武州通信』第236号

 落合って、意外にも昔は“文化の街”だったんですね。当日は晴天とはいかなかったものの雨も降らず探索日和。我ら『落合探索隊』の活動はまだまだ続きます。 

《『落合』探索part 2》の巻

 そろそろ昼食、…のお話からでしたね。武州野外大学ではいつも紺野さんが予約してくれたレストランが楽しみの一つです。これまで参加したことのある方は「今日はどんなレストランかな?」と興味津々。ところが紺野さん「いや今回はただの食堂ですよ」と何とも素っ気無い。一同、途端に疲れがドッと…。         
 さて、着いたところは、確かにただのラーメン屋の『松葉』。ところが、どうやらこの『松葉』はトキワ荘に住んでいた手塚治虫、藤子不二雄A、藤子・F・不二雄、赤塚不二夫、石ノ森章太郎などの漫画家が食事をし、彼らの作品にもしばしば登場する有名なラーメン屋さんだったようです。注文の品が出来上がるまで漫画の話で盛り上がり、ラーメンの味も昔懐かしい昭和の(支那蕎麦の?)味がホンワリと…。ニクイねぇ、紺野さん。

 その後、「トキワ荘案内施設」で一休みし、歩くこと数十分、途中で眞嶋さんの末のお嬢さん(可愛いお子さん同伴)と待ち合わせ、いよいよ『哲学堂公園』に到着。哲学堂公園は明治37年に、東洋大学(当時は哲学館大学)の創立者である井上円了学長が創設したのだそうです。井上円了?…と聞いてすぐに頭に浮かぶのは妖怪やお化けの研究者ですが、こんな壮大な哲学の公園を作った人だったんですね。
 ところで明治37年(1904年)といえば、日露戦争の年。それから大正初期にかけて『四聖堂』『哲理門』『六賢台』『三学亭』『宇宙館』『絶対城』『無尽蔵』『髑髏庵・鬼神窟』etcと、続々と増設されたようです。眞嶋さんは、「当時は最高のテーマパークだったんでしょうね!」と。本当にそうですね。あの日は普段は入れない『六賢台』などにも入館でき(誰の行いが良かったのか)とても幸運でした。あまりにも広すぎてすべてを見ることはできませんでしたが、我々「探索隊」もそろそろ哲学堂公園にお別れの時刻になったようです。

 それから長い長い道のりを経て、いよいよ最後の目的地、『林芙美子記念館』へ。林芙美子の作品は“十代の頃に何冊か読んだことがあるなぁ”と何だか懐かしくあの頃が思い出されます。代表作は『放浪記』『うず潮』。でも、なぜか心に浮かぶのは『風琴と魚の町』に描かれた尾道の困窮した生活や物寂しい海辺の風景から受けた“心象風景”でした。そして「花のいのちはみじかくて苦しきことのみ多かりき」という芙美子の言葉も。でも、僕のこの“侘しい心象風景”と、いま眼にしている“大きな邸宅”とが、どこかで出会い損ねているような…。

 こんなちょっともどかしい気分を残しながらも、武州野外大学終了の合図を告げるかのように、外もだいぶ薄暗くなってきたようです。いつもながら紺野さんに心より感謝です。

 それにしても今回の『落合探索』はかなりハードな旅でしたね。何しろ鵣飼さん御指摘の通り“新宿区、豊島区、中野区”を駆け巡ったのですから。日本語ペラペラで「近衛文麿?あぁ日本の元首相ですよね」のロバートさんにとってはどんな旅だったんでしょうか? 楽しんでもらえたら良かったのですが…。武州大学の田口君、田中さん、知人の石黒さん、佐藤さん、お疲れ様でした。またいつもの『武州大学』楽しみましょう。「林芙美子は結婚していたんですね」と言う藤田さんに、「あれ? 結婚していたんだっけ?」と曖昧模糊の僕でしたが、展示を見て結婚どころか子どももいたとは、と再認識も…。疲れたけれどいろいろな発見のあったとても楽しい第四回目の『武州野外大学』でした。

― もともとあまり遠出をしない僕にとっては、たった一日でゆうに2〜3ヶ月分の運動量をこなした気分。― そして、家で飲むビールのなんと美味しかったことか…。(お・わ・り)                 

(斉藤 悦雄)

【インフォーメーション】
11月12日『武州大学』  7:00pm〜
     テーマ :『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』を考える。part 4    
    レポート:斉藤悦雄
12月10日『オアシス武州』7:00pm〜
    テーマ :忘年会
12月17日『武州大学』  7:00pm〜
    テーマ :『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』を考える。part 5    
    レポート:斉藤悦雄

 
posted by 武州ゼミナール at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。