2017年07月18日

『武州通信』第241号

 3年ぶり?に、わが家の “月下美人” が咲きました。たった一夜の開花ゆえ、見逃してしまった年もあったような気がします。この花は、誰にも振り向かれることもなく、独り寂しく妖艶に咲き誇ることもあるのです。だからこそ、人は、たった一夜のために一心に燃え一心に燃え尽きる儚さに、自らの人生を重ね合わせて、しみじみとした思いを寄せるのかもしれません。

《ごんぎつね》の巻 

 豊かな社会。 とは言え、貧富の格差など経済問題は絶えないけれど、今号はこのことは問わないことにしましょう。何はともあれ、身の回りには飢え死にするほどの貧困はなくなったし、ある意味で成熟した社会が訪れたと言えるかもしれません。豊かで成熟した社会、それはむしろ喜ぶべきことなのでしょう。

 しかし、生活に苦しむことが少なくなると、人の関心は自分(や家族)だけに向けられることが多くなるようにも見えます。だって、他人のことまで気を配る必要がなくなったとも言えるのですから…。もっとも自己を中心に考えるのは、ホモ・サピエンスが言語を獲得して以来ずっと続いていることに違いありません。ただ、社会が豊かになった分だけ、自分の都合や気分が第一で、他人の気持ちはそっちのけ、時には不寛容であっても過ごせるようになったとも言えそうです。まぁ、あらゆることは “時間(時代)の関数” として起こっているのですから仕方ないのかもしれませんが。

 ところで、この前、あるテレビ番組を見ていて「あれっ!」と思ったことがありました。そこには 『国語の教科書「印象に残っている物語ランキング」』というコーナーがあり、その第一位が20代から50代のすべての世代で『ごんぎつね』(新美南吉著)だったと言うのです。しかも、『ごんぎつね』は1956年以来61年間国語の教科書に掲載され続けており、37年前からは検定を通った国語の教科書全てに採用されていると言います。と言うことは、日本の若い人達のほとんどが『ごんぎつね』を読んだことがあることを意味しています。それにしても小学4年生で読んだのに多くの人々の心のどこかに残っているというのは、ちょっとした驚きでもあります。まぁ何も不思議に思う必要はないのだけれど、僕はこのところ、社会全体を結びつけている共通の想像力が働かなくなり、人への思いがその場の軽い気分だけで動いていて、すべてがふわふわしているような気がしていたのです。だから…。

 『ごんぎつね』は わが子が小さかったときに一緒に読んだことがありますが、そのときは単に “悲しい物語だなぁ” という印象しか残りませんでした。そこで、武州の中学生の何人かに『ごんぎつね』の印象をそれとなく尋ねてみたのです。でも、あまりはっきりした返事が得られず、僕の方がもやもや。何だか気になって教室の書棚の飾りになっていた小学4年生の国語の教科書を取り出して改めて読み直してみたのです。

 18歳の南吉の言葉に耳を澄ましてみると、どうしてどうして結構考えさせられる内容なのです。自分の何気ない行為がとんでもない結果を生むこと。人と人とのどうしようもない心のすれ違い。しかも自尊心についても微妙に触れています。何とも悲しいお話ですが、そこにはペーソスな響きとともに人間存在の本源的 “孤独さ” も香り立っています。確かに文章は平易ですが、このことを4年生が理解できるのかな? とも…。南吉はおそらく道徳を教えようとして書いたわけではないのでしょうが、それがある意味で道徳についての本としても読めてしまうのです。道徳の教科ではなく国語という教科だからこそあらゆる世代を魅了しているのかもしれません。もっとも、これは道徳というよりも “人間存在の悲しさ” を描いたものに相違ありませんけれど。
 
 様々な人生経験を積んだ後で、現在の自分と重ね合わせて読み直してみるのも面白いかもしれません。必死でバリアを張り巡らせて不寛容に生きている現代の僕達に、無自覚だった自分のダークゾーンを改めて意識させてくれる作品のような気がします。― あらゆる世代がこれを第一位にあげたのは、人々の心の奥底で、 “人間存在の悲しみ(心の痛み)” が、時折 ふぅーと微かな吐息を漏らすから… なのでしょうか?

(斉藤 悦雄)

【インフォーメーション】
  9月23日『オアシス武州』&『武州野外大学』
      9:15a.m. 池袋駅 西武線 1階 改札口集合 
    テーマ:富さんの『横瀬町』探訪    
posted by 武州ゼミナール at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。