2016年11月07日

『武州通信』第236号

 落合って、意外にも昔は“文化の街”だったんですね。当日は晴天とはいかなかったものの雨も降らず探索日和。我ら『落合探索隊』の活動はまだまだ続きます。 

《『落合』探索part 2》の巻

 そろそろ昼食、…のお話からでしたね。武州野外大学ではいつも紺野さんが予約してくれたレストランが楽しみの一つです。これまで参加したことのある方は「今日はどんなレストランかな?」と興味津々。ところが紺野さん「いや今回はただの食堂ですよ」と何とも素っ気無い。一同、途端に疲れがドッと…。         
 さて、着いたところは、確かにただのラーメン屋の『松葉』。ところが、どうやらこの『松葉』はトキワ荘に住んでいた手塚治虫、藤子不二雄A、藤子・F・不二雄、赤塚不二夫、石ノ森章太郎などの漫画家が食事をし、彼らの作品にもしばしば登場する有名なラーメン屋さんだったようです。注文の品が出来上がるまで漫画の話で盛り上がり、ラーメンの味も昔懐かしい昭和の(支那蕎麦の?)味がホンワリと…。ニクイねぇ、紺野さん。

 その後、「トキワ荘案内施設」で一休みし、歩くこと数十分、途中で眞嶋さんの末のお嬢さん(可愛いお子さん同伴)と待ち合わせ、いよいよ『哲学堂公園』に到着。哲学堂公園は明治37年に、東洋大学(当時は哲学館大学)の創立者である井上円了学長が創設したのだそうです。井上円了?…と聞いてすぐに頭に浮かぶのは妖怪やお化けの研究者ですが、こんな壮大な哲学の公園を作った人だったんですね。
 ところで明治37年(1904年)といえば、日露戦争の年。それから大正初期にかけて『四聖堂』『哲理門』『六賢台』『三学亭』『宇宙館』『絶対城』『無尽蔵』『髑髏庵・鬼神窟』etcと、続々と増設されたようです。眞嶋さんは、「当時は最高のテーマパークだったんでしょうね!」と。本当にそうですね。あの日は普段は入れない『六賢台』などにも入館でき(誰の行いが良かったのか)とても幸運でした。あまりにも広すぎてすべてを見ることはできませんでしたが、我々「探索隊」もそろそろ哲学堂公園にお別れの時刻になったようです。

 それから長い長い道のりを経て、いよいよ最後の目的地、『林芙美子記念館』へ。林芙美子の作品は“十代の頃に何冊か読んだことがあるなぁ”と何だか懐かしくあの頃が思い出されます。代表作は『放浪記』『うず潮』。でも、なぜか心に浮かぶのは『風琴と魚の町』に描かれた尾道の困窮した生活や物寂しい海辺の風景から受けた“心象風景”でした。そして「花のいのちはみじかくて苦しきことのみ多かりき」という芙美子の言葉も。でも、僕のこの“侘しい心象風景”と、いま眼にしている“大きな邸宅”とが、どこかで出会い損ねているような…。

 こんなちょっともどかしい気分を残しながらも、武州野外大学終了の合図を告げるかのように、外もだいぶ薄暗くなってきたようです。いつもながら紺野さんに心より感謝です。

 それにしても今回の『落合探索』はかなりハードな旅でしたね。何しろ鵣飼さん御指摘の通り“新宿区、豊島区、中野区”を駆け巡ったのですから。日本語ペラペラで「近衛文麿?あぁ日本の元首相ですよね」のロバートさんにとってはどんな旅だったんでしょうか? 楽しんでもらえたら良かったのですが…。武州大学の田口君、田中さん、知人の石黒さん、佐藤さん、お疲れ様でした。またいつもの『武州大学』楽しみましょう。「林芙美子は結婚していたんですね」と言う藤田さんに、「あれ? 結婚していたんだっけ?」と曖昧模糊の僕でしたが、展示を見て結婚どころか子どももいたとは、と再認識も…。疲れたけれどいろいろな発見のあったとても楽しい第四回目の『武州野外大学』でした。

― もともとあまり遠出をしない僕にとっては、たった一日でゆうに2〜3ヶ月分の運動量をこなした気分。― そして、家で飲むビールのなんと美味しかったことか…。(お・わ・り)                 

(斉藤 悦雄)

【インフォーメーション】
11月12日『武州大学』  7:00pm〜
     テーマ :『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』を考える。part 4    
    レポート:斉藤悦雄
12月10日『オアシス武州』7:00pm〜
    テーマ :忘年会
12月17日『武州大学』  7:00pm〜
    テーマ :『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』を考える。part 5    
    レポート:斉藤悦雄

 
posted by 武州ゼミナール at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。