2016年02月27日

『武州通信』第229号

 風邪をひき、十年振りに寝込んでしまった。幸い授業には差し障りはなかったが、身体の具合が悪いってこういうことか?などと改めて思った。ともかく横になると即座に寝入ってしまうのである。ふと、もしかして老衰とはこんなことの延長上にあるのかな? なんて妙に感じ入ったりする数日間であった。

《都立高校入試・マークシート方式》の巻

 受験を終えた中学3年生に「今年の都立入試の問題どうだった?」と訊く。すると「別に…、過去問とあまり変わってなかったよ。やるだけのことをやっただけ」と何ともそっけない返事である。まぁ、僕が気にかかった理由は、今年の都立入試の制度がずいぶん変わったので、それにともなって試験内容も変わったのではないかと心配したからである。とはいえ、都立入試(2月24日)翌日の新聞の朝刊には試験問題と解答が掲載されており、あまり傾向に変化がなかったことはおおよそ分かっていたのだが…。

 ところで、今年の都立入試制度の変更のポイントは、
【ポイント1】:全日制の全校で学力検査は英数国理社の五教科受験となった(これまではコース制や工業高校など専門高校のなかには英数国の三教科受験の高校も多くあった)。
【ポイント2】:換算内申点は、英数国理社の五教科は1倍のままだが、実技教科(美・体・音・技家)は2倍で計算することに(これまで実技教科は1.3倍で計算されていた)。
【ポイント3】:学力検査点と換算内申点の比率は全日制の全校で一律「7:3」になった(これまでは高校によって「5:5」「6:4」「7:3」とばらばらであった)。
 まぁ、これらのポイントからは、高校によってまちまちであった制度を統一し、システムを簡素化するという行政の意図が見えてくる。ところで、次の、
【ポイント4】:学力検査試験の選択問題はマークシート方式を採る。
 この制度変更は、一昨年(2014年)、全国の公立高校入試の採点ミスが大量に見つかったことに起因している。都立高校も当然例外ではない。2012年度から2014年度の3年間で、学力検査を実施した都立175校中の165校で3054件の採点ミスが発覚し、その内18校の22人が誤って不合格にされていたという。その後、昨年(2015年度)は採点ミスが起きないように細心の注意を払ったのだろうが、それでも1064件の採点ミスが見つかり(幸いにも昨年は合否には影響はなかったようだが)、従来の採点方式では限界があることがますます明らかになったのである。

 これまでも受験生からしばしば「高校入試って採点ミスはないの?」と質問され、僕はそのたびに「都立高校では一枚の答案を4人の先生がチェックしているから心配しなくていいよ」と答えていたのである。すると生徒は「そうだよね、大丈夫だよね」とホッとした表情になるのだった。かくして、僕はとんでもない大嘘つきだったことになる。トホホ…。ともかく、4人の教師がチェックしてもこれだけの採点ミスがあるということは、人間の作業はいかに杜撰か、ということを証明してみせたことになる。そこでいよいよコンピュータの出番である。選択問題はマークシートでコンピュータに読み込ませ、採点する。また、記述式問題も一部コンピュータを利用するらしい。これで高校入試に採点ミスは激減? そうなることを期待する。

 ところで他方、大学入試は集団討論やプレゼンテーション、それに記述式を増やすことで、「従来型の暗記偏重の学力」を測るテストを減らし、「知識を活用し自ら課題を解決できる能力」を測るテスト方式に改めるという。これらはコンピュータの苦手な分野である。結局、杜撰な人間先生が判断するしか方法はない。さてどうするのかな?

 かくして教育行政は右に左に揺れ動く。相も変わらず、である。でも、もう考えるのは嫌になった。一昔前までは教育行政についていろいろ考えたものだがもう止めた。だって、事態はいつも何事もなかったかのように黙って進んでいくのだから。今回も、そしてこれからも、きっと…。

(斉藤 悦雄)

【インフォーメーション】
 3月5日『オアシス武州』 7:00pm 〜
  テーマ :「知らない」ではすまされない『マイナンバー制度』
  お話  :清水智徳さん
 3月12日『武州大学』  7:00pm〜
  テーマ :『司馬遼太郎が描かなかった幕末』を読む
  レポート:竹内秀夫さん

    ※関心のある方は是非参加してください。
posted by 武州ゼミナール at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。